全国研究大会

第35回 全国研究大会 オンライン

全国研究大会

オンラインでつながりましょう!
当協会の全国研究大会は1986年から毎年開催してきましたが、昨年度は新型コロナウイルス感染症の感染状況を考慮し、開催の中止を余儀なくされました。その後の理事会において、未だ収束の見通しが立たない状況が続く中、今後の全国研究大会の開催をどうすべきかを協議しました。当協会としては、会員、さらにはアディクション分野に関心をお持ちの非会員の方々の学びを止めてはいけないだろうと考え、今年度はオンラインによる全国研究大会を開催することになりました。

そして、西日本地域の理事等で結成された実行委員において大会の内容等を検討し、今大会のテーマを「コロナ禍でASWは何を問われているのか~オンラインで学び、つながろう~」としました。講演会や分科会を通じて、コロナ禍での私たちの経験を振り返り、今、私たちが求められている役割とは何かを参加される皆様と共に考える機会にしたいと思います。

オンライン開催のため画面越しになりますが、より多くの方のご参加を心よりお持ちしております。

一般社団法人日本アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会
第35回全国研究大会 大会長 河佐 勉

申込み先URL

申し込みは、Peatix Japan株式会社が運営しているイベント管理システムのPeatixからとなります。

全国研究大会Facebookページ

開催要項

>日本アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会(略称:ASW協会)

日本アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会(略称:ASW協会)

アルコール関連問題に関わる医療及び福祉にたずさわる専門ソーシャルワーカーの相互交流を通して専門性の向上をはかると共に、社会的地位の確立をめざし、わが国におけるアルコール関連問題に対する社会福祉の増進に寄与することを目的とします。
変動する社会の中で多くの問題を抱え悩む本人や周囲の人と専門機関などで出会い、関わりを通して、問題解決のためのあるいは回復や社会復帰にむけての援助をおこなっています。