関西支部7月例会「依存症家族教室モデル開発普及事業」

公開日:  最終更新日:2015/04/26

日時 平成26年7月24日(木曜日) 19:00~21:00
テーマ 依存症家族教室モデル開発普及事業
場所 中之島中央公会堂 特別展示室
参加費 300円

初夏の候、会員の皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
6月の月例会は、「家族支援について」というテーマで、小谷クリニックの山本哲也氏に話題提供していただき、その後小グループに分かれて日頃の実践について討議しました。お互いの取り組みについて具体的に共有し、自身の支援について振り返る機会となりました。参加者は16名でした。
さて、7月の月例会では今年1月に開催された「依存症家族教室モデル開発普及事業」の研修報告をしていただきます。後半にはグループワークの時間ももうけ、家族支援について体験的に学ぶことの出来る内容です。皆様お誘い合わせの上ご参加ください。

コーディネーター 河佐勉氏より

7月の月例会は、東布施クリニックの太田裕美氏と藤井クリニックの前馬恵美氏から、平成26年1月25日26日に京都市で開催されたNPO法人ジャパンマック主催の「依存症家族教室モデル開発普及事業」の研修報告をしていただきます。月例会では、研修会の報告以外に研修会当日に実施されたインテーク面接のワークを体験します。6月の月例会に引き続き、家族支援をテーマとした月例会となりますので、日々の業務で家族支援について悩んでおられる方は是非とも参加ください。

報告者から一言

インテーク面接のワークでは、クライエント役、援助者役、観察者役をロールプレイします。様々な立場の体験を通して日頃の実践を振り返りませんか?

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑