関西支部7月 月例会「救護施設ホーリーホームの依存症を持つ人たちへの対応と、そこから見えてきたこと」

公開日: 

日時 平成29年9月28日(木曜日) 19:00~21:00
テーマ 救護施設ホーリーホームの依存症を持つ人たちへの対応と、そこから見えてきたこと
講師 大阪婦人ホーム/救護施設ホーリーホーム 救護部門 相談員(依存症専任) 森 渚氏
司会・コーディネーター ひがし布施クリニック 平田和子
場所 難波市民学習センター 第2研修室
参加費 300円

新秋の候、会員の皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
8月の月例会は例年通り休会とさせて頂きました。

さて、9月の月例会は『救護施設ホーリーホームの依存症を持つ人たちへの対応と、そこから見えてきたこと』というテーマで、社会福祉法人大阪婦人ホーム/救護施設ホーリーホームの救護部門にて依存症専任の相談員として入所者の方々の支援をされておられます森 渚(みぎわ)氏に講師としてお越しいただきます。長きにわたって女性を対象とした救護施設としてホーリーホームが担ってこられた役割、そしてホーリーホームにおいて依存症専任のスタッフが配置されるに至った経緯、依存症を持つ入居者の方たちへの関わりについて、日々の支援・実践についてご講義頂きます。月例会後半では、ホーリーホームを初めとする救護施設における支援の中で悩んでおられることなどについて、参加者の方々より意見や質問、感想を出して頂きながら、支援者としての視点や思いなどを共有しあえる場にできたらと考えております。今後の関わりや支援への新たな気づきが得られる機会としていただければと思います。ぜひ奮ってご参加のほどよろしくお願い致します。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑