全国研修会「ソーシャルワーカーが学ぶシーキングセーフティーとは」

公開日:  最終更新日:2018/05/08

日付 平成30年6月16日(土) 13:00~15:00(受付12:30~)
場所 ウィリング横浜 5階研修室503
講師 岡﨑 直人(特定非営利活動法人ジャパンマック代表理事/ASW協会会長)
定員 50名
参加費 会員 1,000円/非会員 2,000円(当日支払い)
申込締切 平成30年6月1日(金)
申込み方法 ちらし(PDF)
申込用紙(PDF)
【FAX】046-840-4118
【メール】asw@kurihama1.hosp.go.jp

近年、物質乱用や依存症の人たちの背景には様々なことがあり、PTSD など他の精神症状や生き難さを抱えていて、そのコーピングとして薬物などが使用されているという構造的理解を私たちはするようになりました。こうした重複する問題を抱えた人達に、ただやめるだけではなく安全性の確立こそ最も大切な支援であるというのが「シーキングセーフティ」です。
今回は日本語版(松本他訳)が出版される前からシーキングセーフティ研修を企画、アメリカ研修を行ってきたジャパンマック代表理事岡崎直人さんに、ソーシャルワーカーがこの技法をどう活用すべきか、パイロットになっていただきます。シーキングセーフティは認知・行動・対人関係の3 領域における安全な対処を求めて行うセッションですが、ワーカーとしてはそれに加え生活の安全を求めた対処や環境調整も行いたいところです。分厚い日本語版にはワークシートがついていてすぐにでも活用できますが、まず視点を理解することろから始めましょう!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑