ASW協会について

日本アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会(略称:ASW協会)

Japan Social Worker Association for Alcohol Related problems

設立 昭和61年9月
目的 アルコール関連問題に関わる医療及び福祉にたずさわる専門ソーシャルワーカーの相互交流を通して専門性の向上をはかると共に社会的地位の確立をめざし、わが国におけるアルコール関連問題に対する社会福祉の増進に寄与することを目的とします。
ASW 近年、アルコール問題は女性・若年・高齢者など多様化しているだけでなくますます問題化しています。さらにアディクション(嗜癖)問題〈薬物・ギャンブル・性…〉もまた様々な拡がりをみせています。私たちASWは、変動する社会の中で多くの問題を抱え悩む本人や周囲の人と専門機関などで出会い、関わりを通して、問題解決のためのあるいは回復や社会復帰にむけての援助をおこなっています。
PAGE TOP ↑