関西支部3月例会「関西アルコール関連問題学会 和歌山大会ポスター発表報告」

公開日:  最終更新日:2015/04/26

日時 平成27年3月26日(木曜日) 19:00~21:00
テーマ 関西アルコール関連問題学会 和歌山大会ポスター発表報告

  • 「新生会病院における地域連携推進委員会の取り組み」/新生会病院 阿部尚史氏
  • 「当院におけるアルコール依存症患者の治療契約について」/小谷クリニック 山本哲也氏
  • 「ひがし布施クリニック医療相談室における個別就労支援の取り組みについて」/ひがし布施クリニック 太田裕美氏
  • 「ステップアップに向けてのデイケアでの取り組み」/ひがし布施クリニック 須尭麗子氏
場所 阿倍野市民学習センター 第1研究室
参加費 300円

早春の候、会員の皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
2月の月例会は「福祉サービス(介護保険・障害福祉)現場で見られる、アルコール関連の諸問題について」というテーマで、東住吉区東住吉北地域包括支援センター センター長多湖英司氏から、お話しいただきました。「飲酒と健康を考える会」での連携、取り組まれた家族支援の様子、本人の変化など、地域で支援されている方々の厚い関わりを知る機会を頂けたことは大変有意義でした。

さて、3月の月例会では、1月23.24日に行われました関西アルコール関連問題学会 和歌山大会において発表されましたポスター報告会を行います。学会時にポスター発表を聞くことが出来なかった方も居られるかと思います。月例会の中で改めて各機関からの発表を共有し、活発な質疑応答をして頂けたらと思っております。みなさま、奮ってご参加下さい。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑