NO IMAGE

関西支部10月 月例会「関西のASW活動の変遷」

日時 平成27年10月22日(木曜日) 19:00~21:00
テーマ 関西のASW活動の変遷
講師 坂本満氏(新阿武山病院)
場所 市民交流センターひがしよどがわ 301号
参加費 300円

さわやかな秋となりました。会員の皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

9月は「アスペルガー障害を重複しているデイケア利用者への関わりを振り返る」をテーマとした事例検討が行われました。ひがし布施クリニックデイケア及び外来担当ワーカーからの事例提出後、25名の参加者が3つのグループに分かれて、手だてについて活発に話し合われました。3グループからの発表を通して様々な機関の方から、今後の関わりにおける多くの気づきを頂くことが出来ました。

さて、10月の月例会は、新阿武山病院のソーシャルワーカーの坂本満氏をお招きし、「関西のASW活動の変遷」というテーマでご講義いただきます。ASWの先輩方が取り組まれ活動されてきた歴史・変遷を学べる貴重な機会ですので、みなさま奮ってご参加下さい。

>日本アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会(略称:ASW協会)

日本アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会(略称:ASW協会)

アルコール関連問題に関わる医療及び福祉にたずさわる専門ソーシャルワーカーの相互交流を通して専門性の向上をはかると共に、社会的地位の確立をめざし、わが国におけるアルコール関連問題に対する社会福祉の増進に寄与することを目的とします。
変動する社会の中で多くの問題を抱え悩む本人や周囲の人と専門機関などで出会い、関わりを通して、問題解決のためのあるいは回復や社会復帰にむけての援助をおこなっています。