大阪府依存症早期介入・回復継続支援事業補助金事業 関西支部主催「一緒に考えよう『介入の場面』づくりと『紹介』」

公開日: 

 

日時

令和元年11月2日(木曜日) 13:20~17:00(受付13:00~)

※大阪市域に「特別警報(種類は問わず)」または、台風の接近等により「暴風警報」が午後4時時点で発令された場合は、会場が臨時休館となるため、中止となります

場所 難波市民学習センター
対象 医療ソーシャルワーカー、アルコール関連問題
ソーシャルワーカー など
定員 80名
参加費 無料
参加方法 Faxにてお申し込みください
06-6769-1517

皆さんが日頃取り組まれている相談や援助業務では、 アルコールに関する 問題にどれくらい出会われますか?いろいろな疾病・障害に対応されていると 、 頻度は 少ないと思われるかもしれません 。また、 対応に苦慮された経験が あると、 なす術 がないと感じることが あるかも しれません。
依存症 も他の慢性疾患と同様、 早期介入 と継続支援が大切です。そのためにASW 協会では 、他分野のソーシャルワーカーとの連携に努めています。
この度、大阪府依存症早期介入・回復継続支援事業の補助を活用し、依存症専門機関以外の現場で皆さまが出会われる アルコール関連 問題への介入の役割・課題について、ともに話し合う検討会を企画いたしました。
ひとりでも多くの方が依存症の治療や支援につながっていくために 、私たちソ
ーシャルワーカーに何ができるのか…一緒に考えてください!!!

プログラム

13:20~オリエンテーション
13:30~講義 「 アルコール関連問題への気付きと介入 ~ソーシャルワーカー の役割とは? 」
坂本 満氏( リカバリハウスいちご職員・ 元新阿武山病院 ケースワーカー)
14:30~依存症回復者 本人 の体験談
依存症者家族の体験談
15:00~休憩
15:10~パネルディスカッション
 杉井 健祐氏(東住吉森本病院 ソーシャルワーカー
 依存症回復者本人
 依存症者家族 坂本満氏
質疑応答

案内ちらし・申込用紙

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑