NO IMAGE

関西支部2月 月例会「『第37回日本アルコール関連問題学会、第30回日本ASW協会全国研究大会』報告」

日時 平成28年2月25日(木曜日) 19:00~21:00
テーマ 『第37回日本アルコール関連問題学会、第30回日本ASW協会全国研究大会』報告
話題提供 『SCOP』塚本 忠史 氏(新阿武山病院)
『家族支援再考』貴村知子氏(新阿武山クリニック)
『SMARPP-12』岸本 貢氏(阪和いずみ病院)
『チャレンジしようグループワークの企画』松村 文香氏(リカバリハウスいちご)
場所 阿倍野市民学習センター 第1研修室
参加費 300円

厳寒の候、会員の皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

1月の月例会では、医療法人光樹会たかぎクリニック精神保健福祉士 金井浩一氏と、 京都府精神保健福祉総合センター精神保健福祉相談員 熊取谷晶氏をお迎えし、「精神障がい者のあたりまえに生きたいを支えるということ」とのテーマでご講義頂きました。行政が中心となって取り組まれている依存症の方々への多岐にわたる支援、ソーシャルワーカーとしての姿勢について自身を顧みる貴重な機会を頂くことが出来ました。

さて、2月の月例会では、第37回日本アルコール関連問題学会、第30回日本ASW協会全国研究大会に参加された方々から学会の内容についてご報告いただきます。今回は神戸・横浜で開催されたため参加がかなわなかった方も多いかと思いますので、ぜひ奮ってご参加ください。

>日本アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会(略称:ASW協会)

日本アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会(略称:ASW協会)

アルコール関連問題に関わる医療及び福祉にたずさわる専門ソーシャルワーカーの相互交流を通して専門性の向上をはかると共に、社会的地位の確立をめざし、わが国におけるアルコール関連問題に対する社会福祉の増進に寄与することを目的とします。
変動する社会の中で多くの問題を抱え悩む本人や周囲の人と専門機関などで出会い、関わりを通して、問題解決のためのあるいは回復や社会復帰にむけての援助をおこなっています。