NO IMAGE

関西支部9月 月例会「もっと身近な事例検討会~解決志向型ケースタディー〜」

日時 平成30年9月27日(木曜日) 19:00~21:00
テーマ もっと身近な事例検討会~解決志向型ケースタディー〜
コーディネーター・司会 大本 淳氏(八木植松クリニック 精神保健福祉士)
場所 大阪市立総合生涯学習センター 第4研修室
参加費 300円

新秋の候、会員の皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
8月の月例会は例年通り休会とさせて頂きました。

さて、9月の月例会は事例検討会です。解決志向ケーススタディはASWが開発し、東日本大震災の支援者研修や支部研修で活用されてきました。スーパービジョンやコンサルテーションは現場のソーシャルワーカーの力を養うためにも役立つものですが、
『自分の問題を指摘されたら‥』
『提案をされても自分の実践では難しい‥‥』
『準備が大変で時間がかかってしまう‥‥‥』
『ベテランの先輩がいないと出来ないのでは‥』
・・・などの現場の声が聞こえてきます。

今回の月例会では、誰も傷つかない、エキスパートがいなくても、
解決策が見えてくる、もっと身近な事例検討会
です。

参加者からの事例を検討するだけではなく、事例検討会の進め方も一緒に学びます。地域で職場で役立つ身近な事例検討会の体験学習として是非ご参加ください。

>日本アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会(略称:ASW協会)

日本アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会(略称:ASW協会)

アルコール関連問題に関わる医療及び福祉にたずさわる専門ソーシャルワーカーの相互交流を通して専門性の向上をはかると共に、社会的地位の確立をめざし、わが国におけるアルコール関連問題に対する社会福祉の増進に寄与することを目的とします。
変動する社会の中で多くの問題を抱え悩む本人や周囲の人と専門機関などで出会い、関わりを通して、問題解決のためのあるいは回復や社会復帰にむけての援助をおこなっています。