背景

関西支部7月 月例会「先輩ASW の体験談〜岡﨑直⼈⽒〜」

5⽉度⽉例会では、 久しぶりの座談会を⾏いました。 体験や思いを分かち合うことで得られるエネルギーを再確認したところで、 次回の⽉例会は、 先輩ASW の体験談をうかがいたいと思います。 語ってくださるのは、私たちASW 協会の会⻑である 岡﨑直⼈さんです。

日時 令和3年7月29日(木曜日) 19:00~21:00(18:45~入室可)
開催方法 ZOOMを使用したオンライン開催
参加費 無料
定員 40名(先着順・会員優先)
対象 ASW協会会員(他支部会員歓迎)
対人援助職の方
本テーマに関心のある方
申込み 予約フォームより申込み

岡﨑さんは、AA やマックの黎明期であった1979 年に、国⽴武蔵療養所(現在国⽴精神神経医療研究センター病院)の中毒病棟でソーシャルワーカーとして勤務されました。この頃に建設中の新⽣会病院に⾒学に来られたこともあるそうです。

その後、国⽴久⾥浜病院(現、久⾥浜医療センター)にて、アルコール依存症者とその家族を⽀援する精神科ソーシャルワーカーとしての勤務を経て、さいたま市こころの健康センターへ。 所⻑として定年退職されたのちも、 特定⾮営利活動法⼈ジャパンマックに活動の場をうつされ、現在は⽇本福祉教育専⾨学校にて、精神保健福祉⼠養成学科学科⻑をつとめておられます。 ⾃助グループへの造詣が深く、AA元常任理事、 ワールドサービス評議員などを歴任してこられました。

医療、⾏政、地域における回復施設など、様々な領域でソーシャルワークを展開されてきた中での思いや、お考えを聞かせていただく予定です。 もちろんASW協会の設⽴当時のことや、 岡﨑さんがASWとして共に歩まれた先達の⽅々のお話も語っていただけるとのことでした。
今なお活躍を続けておられる岡﨑さんの原動⼒にふれられることと思います。

お誘い合わせの上、ご参加お待ちしています。

案内ちらし

案内ちらし(PDF)

>日本アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会(略称:ASW協会)

日本アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会(略称:ASW協会)

アルコール関連問題に関わる医療及び福祉にたずさわる専門ソーシャルワーカーの相互交流を通して専門性の向上をはかると共に、社会的地位の確立をめざし、わが国におけるアルコール関連問題に対する社会福祉の増進に寄与することを目的とします。
変動する社会の中で多くの問題を抱え悩む本人や周囲の人と専門機関などで出会い、関わりを通して、問題解決のためのあるいは回復や社会復帰にむけての援助をおこなっています。