NO IMAGE

2019年度 全国研修会「依存症の医療 昨日・今日・明日 ASWから見る依存症とソーシャルワーク 」

日付 2019年6月15日(土) 13:00~15:00(受付12:30~)
場所 ウィリング横浜 9階研修室901
横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
講師 藤田さかえ(精神福祉士)
定員 60名
※定員になり次第締切
参加費 会員 1,000円/非会員 2,000円(当日支払い)
申込締切 2019年6月7日(金)
申込み方法 ちらし・申込用紙(PDF)
【FAX】046-840-4118
【メール】asw@kurihama1.hosp.go.jp

我が国の依存症治療は、アルコールを中心に進展してきました。
そして、現在、薬物、ギャンブル、ネットなどのアディクション問題へのアプローチが求められています。
そこで、今回の研修会では、日本のアルコール治療・研究の中核として発展してきた久里浜医療センターでソーシャルワーカーとして約30年活動された藤田さかえ氏より、久里浜医療センターから見えたアルコール医療の変遷についての話を伺い、これからの依存症の治療や支援のあり方について考える時間にしたいと思います。

依存症医療を取り巻く環境や状況、社会が変化していく中で、ASWは何にどのように取り組んできたのか、その歴史や原点の話を聞ける機会です。

多くの参加をお待ちしております。

>日本アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会(略称:ASW協会)

日本アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会(略称:ASW協会)

アルコール関連問題に関わる医療及び福祉にたずさわる専門ソーシャルワーカーの相互交流を通して専門性の向上をはかると共に、社会的地位の確立をめざし、わが国におけるアルコール関連問題に対する社会福祉の増進に寄与することを目的とします。
変動する社会の中で多くの問題を抱え悩む本人や周囲の人と専門機関などで出会い、関わりを通して、問題解決のためのあるいは回復や社会復帰にむけての援助をおこなっています。